日本生菌研究所は、生きた乳酸菌の自然乾燥製法にこだわり、良質な手づくり乳酸菌を提供しています。

乳酸菌とは

  • HOME »
  • 乳酸菌とは

乳酸菌とは

乳酸菌とは、糖類を食べて乳酸を出す細菌の総称です。
乳酸菌の出す乳酸は、生物の腸内で有害な菌や雑菌の繁殖を抑える働きをしています。
人間の赤ちゃんと同じように幼い動物の腸内は多くの乳酸菌で占められ、抵抗力のない体を他の雑菌、病原菌から守る役割をしています。

乳酸菌の力

牛乳はそのままではすぐに腐ってしまいますが、乳酸菌を加えて発酵させヨーグルトにすると長く保存できます。
乳酸菌がたくさん繁殖している中では腐敗の原因となる雑菌が増えることができないからです。
人の腸内でも、善玉菌である乳酸菌が多く棲みつくことで腸のはたらきが活発になり快便になり、全体が健康に保たれます。
逆に悪玉菌(有害な菌)が増えると、腸内では腐敗が進み有害物質がつくられ、からだ全体に運ばれてしまいます。
その結果体の老化を進め、さまざまな病気を招きやすくなることが知られています。

乳酸菌の効果

腸内改善・便秘解消・免疫力強化・肌荒れ改善・アトピー性皮膚炎改善・高血圧予防・花粉症予防・糖尿病予防

乳酸菌が不足するわけ

動物は本来、自然のものを生で食べることにより乳酸菌を補給してきました。
しかし現代では、食物の保存期間を長くしたり、見栄えをよくしたりするため、加熱殺菌処理や防腐剤の添加などが行われ、このときに有益な菌である乳酸菌も除かれてしまっているのです。

生活素材としての乳酸菌

近年、マスコミなどで盛んに乳酸菌の効用が伝えられ、新しい製品も続々と発売されていますが、そもそも乳酸菌は太古の昔から人間と共生してきた細菌です。
乳酸を出して他の有害菌を寄せ付けず、宿主の人間・動物にまったく害を与えない細菌なのです。
だからこそ皮膚の表面、口の中、鼻の中、腸内に棲みつくことができるわけです。
乳酸菌といえば腸内細菌の面だけが強調されていますが、もっと私たちに身近な存在です。
漬物ひとつとってみても、野菜を乳酸菌のいないぬか床の中 に入れるとすぐに腐敗してしまいます。
ぬか床の中の野菜がおいしい漬物になるのは、乳酸菌が大量に繁殖して乳酸を出し続けているため他の雑菌が繁殖できないからです。

日本生菌研究所は、乳酸菌の顆粒をそのままの状態でお届けすることができます。
ヨーグルトづくり、漬物づくり、洗顔用に、また、牛乳に混ぜて飲んだり、そのまま食べたり、皆様のさまざまな利用方法の工夫をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-4866-2660 受付時間 9:00 - 18:00(土日祝定休)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 日本生菌研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.